相続手続をする前に相続人が亡くなってしまった場合

相続について毎日多くのご相談者の方のお話を聞いていると、その中でよくお聞きするのが、
「お父さんが亡くなって、手続をしようと思っているうちにお母さんまで亡くなってしまって」というお話です。

 

これを法律的には、数次相続と言います。

数次相続とは、一つの相続手続の中で、複数の相続をまとめて行なってしまう方法です。

 

先ほどのお話の場合、本来であれば亡くなったお父様の相続財産については、法律に基づいて、お母様と相談に来られたお子さんやそのご兄弟に相続権が発生します。

しかしそのお母様の相続分は、現実に行使されないうちにお母様が亡くなられたことによって、さらにお子さんたちに分配されます。

ですからこの場合、相談に来られた相談者はお父様の相続財産についての相続人でもあり、お母様の相続するはずだった相続分についての相続人でもあるという、二重の相続人という立場に立つのです。

 

そんな細かい話どうでもいいじゃないかと思われるかもしれませんが、
これがなぜ問題になるかというと、この法律関係によって、作らなければならない遺産分割協議書の内容・様式が変わってくるからなのです。

市販の相続についての本を読んでも、この数次相続に関する遺産分割協議書のサンプル例は載っていません。ケースごとに書き方も異なりますから、一般例を載せるのも難しいのです。

しかし実際には、この遺産分割協議書の書き方を誤ると法務局で受けつけてもらえず、土地や建物の登記はできませんから、一から遺産分割協議書を作り直すことになってしまいます。

 

数次相続は特殊な相続です。お悩みの際にはわれわれ専門家までご相談下さい。


相続・遺言書 無料相談受付中 【出張相談無料 (日・夜もOK)

相続や遺言書作成について少しでも不安なことがありましたら
「栃木相続手続センター」までお気軽にお問い合わせください。

私たちが、あなたの疑問や不安点を解消し、
それぞれ個別に遺産相続の手順・解決策を提示いたします。

フリーダイヤル:0120-266-997

【受付時間】 月~土曜、朝8:00~夜9:00

相続コンサルタント 行政書士 細野大樹

メールでのお問い合わせはこちら

【受付時間】24時間受付中

無料相談会開催中

相続手続トータルサポート

特別相続サポート

遺言書作成サポート
無料相談 ご予約受付中!

初心者向けコンテンツ

事務所案内

事務所案内

出張エリア

関東出張エリア

栃木県、小山市、下野市、栃木市、佐野市、
真岡市、足利市、野木町、壬生町、益子町、
上三川町、芳賀町、茂木町、市貝町、
高根沢町、宇都宮市、鹿沼市、那須烏山市、
さくら市、日光市、那須塩原市、茨城県、
結城市、筑西市、古河市、下妻市、群馬県、
埼玉県、千葉県

ブログ

リンク

ページトップへ