遺産分割の4つの方法

栃木や茨城、群馬などの北関東においては、
長男などの家を継ぐ者がまとめて財産を相続する場合が多く見受けられますが、
遺産分割には、「これが正しい」という決まりはありません。
相続人間の話し合いがまとまれば、どのように遺産を分配しても構わないことになっています。

そのため、誰か一人にまとめて相続させても、全員で共有財産として相続しても、それは相続人間の自由です。

ただ遺産分割には大きく分けて4つの方法があります。この4つを簡単に説明しましょう。

:現物分割

物や財産を、そのまま各相続人に分配する方法です。
この場合、相続人全員で合意がまとまれば、特に法定相続分どおりにきっちりと分けなくてもかまいません。

例えば実家の家と土地は長男に、車は長女に、預金は二男に、
などと個々の財産をそのまま各相続人に分配します。

非常に分かりやすく、その後の遺産分割協議書も作りやすいのですが、個々の財産価値がそれぞれ異なる以上、
相続人間に不公平が出てしまうデメリットがあります。

:換価分割

土地や建物、その他の物などの財産を売却して金銭に換え、各相続人に公平に分配する方法です。

現物のままでは分配しにくい財産を分配するのに適していますが、
金銭という消費されやすい財産に換価してしまうことと、
売却益に対して所得税と住民税がかかるデメリットがあります。

:代償分割

1と2の折衷案として、
ある相続人が土地や建物、その他の物などの法定相続分を超える財産を取得する代わりに、
他の相続人に、自分のもともとの財産からその分の金銭を支払う方法です。

非常に柔軟に相続財産の分配をすることが可能ですが、土地や建物などの現物を取得する相続人に、
他の相続人に金銭を分配するだけの支払能力が必要になる制限があります。

:共有分割

これは「みんなの持ち物」という形で、土地や建物などの現物財産を分割せずにそれぞれの持ち分を決め、
何人かの相続人の共有財産として相続する方法です。

その後売却を不動産業者などに依頼し、売却できた時点で、
あらためて売却代金をそれぞれの持ち分に換価分割するという方法をとることもあります。

ただ売却などを考えていない場合、安易に共有財産とすると後々問題となる可能性があります。

以上の4つの分割方法がありますが、
私たち相続の専門家は、それぞれの具体的事情に応じてこれらの遺産分割方法を使い分けてお勧めしています。


分割方法についてお悩みなら、当センターにご相談下さい。

相続・遺言書 無料相談受付中 【出張相談無料 (日・夜もOK)

相続や遺言書作成について少しでも不安なことがありましたら
「栃木相続手続センター」までお気軽にお問い合わせください。

私たちが、あなたの疑問や不安点を解消し、
それぞれ個別に遺産相続の手順・解決策を提示いたします。

フリーダイヤル:0120-266-997

【受付時間】 月~土曜、朝8:00~夜9:00

相続コンサルタント 行政書士 細野大樹

メールでのお問い合わせはこちら

【受付時間】24時間受付中

無料相談会開催中

相続手続トータルサポート

特別相続サポート

遺言書作成サポート
無料相談 ご予約受付中!

初心者向けコンテンツ

事務所案内

事務所案内

出張エリア

関東出張エリア

栃木県、小山市、下野市、栃木市、佐野市、
真岡市、足利市、野木町、壬生町、益子町、
上三川町、芳賀町、茂木町、市貝町、
高根沢町、宇都宮市、鹿沼市、那須烏山市、
さくら市、日光市、那須塩原市、茨城県、
結城市、筑西市、古河市、下妻市、群馬県、
埼玉県、千葉県

ブログ

リンク

ページトップへ