遺言をするための2つの資格

遺言するために必要な2つの条件

法律上有効な遺言をするためには、法律で定められている2つの条件を満たす必要があります。
このどちらか一つでも欠けていれば、作成した遺言書は無効になってしまいます。

特に2つ目の条件については、お年寄りになればなるほど注意が必要です。
ではこれから具体的に説明しましょう。

1.満15歳以上であること

民法上、満15歳を超えた人であればだれでも法律上有効な遺言書を書くことができます。
もっとも15歳ぐらいの年齢で遺言書を作りたいという人は稀でしょうから、
ほとんどの場合、特に問題にはなりません。

2.物事に対する判断能力(意思能力)

民法では「遺言者は、遺言する時においてその能力を有しなければならない」と定めています。
これは、遺言をするには、物事に対する有効な判断能力があることが必要だということです。
これは法律上「意思能力」と呼ばれています。

では、認知症のお年寄りは絶対に遺言ができないのでしょうか?

そんなことはありません。

裁判所の判例によれば、認知症の方の遺言については、

  1. 認知症の程度
  2. 遺言をするに至った経緯
  3. 遺言作成時の状況
  4. 遺言の内容が複雑なものであるか単純なものであるか

などを総合的に考慮して判断されます。

ただこれは遺言作成時に何の備えもしていなかった場合に、
遺言をした者が認知症だったことから遺言の効力が争われた事案での判断基準です。
備えとしてあらかじめ遺言書を作る際に、
意思能力について精神科の鑑定書をもらっておくなどの方法があります。

ですから当センターでは、認知症のお年寄りが遺言書を作成する場合には、
遺言の効力についてあとあと問題等にならないように、
あらかじめ精神科などで意思能力の鑑定書を作成するなどしてから、
さらに公正証書遺言として遺言書を作成することをお薦めしています。


まずはお気軽に当センターの遺言専門行政書士ご相談下さい。

相続・遺言書 無料相談受付中 【出張相談無料 (日・夜もOK)

相続や遺言書作成について少しでも不安なことがありましたら
「栃木相続手続センター」までお気軽にお問い合わせください。

私たちが、あなたの疑問や不安点を解消し、
それぞれ個別に遺産相続の手順・解決策を提示いたします。

フリーダイヤル:0120-266-997

【受付時間】 月~土曜、朝8:00~夜9:00

相続コンサルタント 行政書士 細野大樹

メールでのお問い合わせはこちら

【受付時間】24時間受付中

無料相談会開催中

相続手続トータルサポート

特別相続サポート

遺言書作成サポート
無料相談 ご予約受付中!

初心者向けコンテンツ

事務所案内

事務所案内

出張エリア

関東出張エリア

栃木県、小山市、下野市、栃木市、佐野市、
真岡市、足利市、野木町、壬生町、益子町、
上三川町、芳賀町、茂木町、市貝町、
高根沢町、宇都宮市、鹿沼市、那須烏山市、
さくら市、日光市、那須塩原市、茨城県、
結城市、筑西市、古河市、下妻市、群馬県、
埼玉県、千葉県

ブログ

リンク

ページトップへ