保険契約の相続手続サポート

ご署名・押印以外、保険契約の相続手続・保険金の受取手続をすべて代行いたします


農協の建物更生共済契約やかんぽ生命の簡易保険では、特別な相続手続が必要になります。
これらは手続を行うことで、契約条件をそのまま引き継いで保険を継続することができます。

保険契約の相続は、故人(被相続人・契約者)の出生から死亡までの戸籍謄本とともに、死亡診断書、
各相続人の印鑑証明書、遺産分割協議書、保険会社所定の相続人代表者選定届、保険証券などを、
各保険会社に提出して申請します。

 
これに対して生命保険金の受取は、故人(被保険者)の死亡を証明する戸籍謄本とともに、死亡診断書、
入院証明書、保険会社所定の保険金請求書、保険証券などを各保険会社に提出して請求します。

ただ各保険会社は、それぞれ手続の流れも書式もまったく異なります。
また最近では保険会社の申請用紙に故人のマイナンバーの記入が必須となっており、これも面倒です。

必要書類も何度も電話でやり取りして、そのつど指摘された不足書類を郵送することになるので、
一般の方では1つの保険会社だけでも大変な手続きになります。
自分で手続きをしようとすれば、仕事をしている方は何日も会社を休まなければなりません。

当センターではこれら必要書類の収集・作成、保険会社への申請まですべて代行いたします。
ご依頼人は当センターで準備した書類にご署名・押印いただくだけで、あとは何のご負担もありません。

その後は各保険会社で異なりますが、約2ヶ月で契約変更が完了、またはご指定の口座に保険金が入金されます。

ご自分で手続しようとすると、慣れない手続にストレスで頭を悩ませることになります。
当センターにすべて手続を任せて、どうか肩の荷を下ろして、手続が終わるのをお待ちください。

不動産や預貯金の相続手続とともに、まとめて代行いたします

保険契約の相続の流れ

  
預貯金の相続に限らず、不動産などの手続も流れは同じです。

(ただし遺産調査は、必要がなければ省略してもかまいません)
そのためすべての遺産についてまとめて進めたほうが、相続手続は簡単になります。

遺産分割協議書も、すべての遺産について誰が何を相続するか記載したものを一つ作成して、
そこに相続人全員の署名・実印を押せば、各遺産の名義変更では各自の署名・実印は省略できます。

また戸籍謄本や印鑑証明書も各手続きに使い回しができるため、何通も取る必要はありません。
当センターでは遺産分割協議書・必要書類を1セット用意して、まとめて各遺産の名義変更を処理します。

各遺産の面倒な名義変更は、すべてまとめて当センターが代行いたします。

手続に必要な書類の収集・作成もすべてお任せください

保険契約の相続手続の申請には以下の書類が必要になります。

  1. 被相続人(契約者)の出生から死亡までの連続した戸籍謄本
  2. 被相続人の住民票の除票または戸籍の附票
  3. 被相続人の死亡診断書
  4. 被相続人のマイナンバー
  5. 相続人全員の戸籍謄本
  6. 本来相続人となる者で死亡者がいれば、その出生から死亡までの連続した戸籍謄本
  7. 集めた戸籍謄本から作成した相続関係説明図(複雑な相続では要求されます)
  8. 相続人全員の署名・押印がそろった遺産分割協議書、遺産分割協議証明書など
  9. 各保険会社所定の相続人代表者選定届
  10. 相続人全員の印鑑証明書(発行から3ヶ月又は6ヶ月以内のもの、保険会社で異なる)
  11. 保険証券、保険証書
  12. 一部保険会社のみ、代表相続人の免許証や保険証等のコピー


また生命保険金・入院保険金の請求手続では以下の書類が必要になります。

  1. 被保険者の死亡の記載のある戸籍謄本
  2. 被保険者の住民票の除票または戸籍の附票
  3. 被保険者の死亡診断書・入院証明書
  4. 被保険者のマイナンバー
  5. 受取人指定の場合は、受取人の戸籍謄本、住民票(発行から3ヶ月以内のもの)
  6. 受取人未指定の場合は、相続人全員の戸籍謄本
  7. 受取人未指定の場合は、本来相続人となる者で死亡者がいれば、その出生から死亡までの戸籍謄本
  8. 受取人未指定の場合は、集めた戸籍謄本から作成した相続関係説明図
  9. 受取人未指定の場合は、遺産分割協議書、遺産分割協議証明書など
  10. 受取人未指定の場合は、各保険会社所定の相続人代表者選定届
  11. 相続人全員の印鑑証明書(発行から3ヶ月又は6ヶ月以内のもの、保険会社で異なる)
  12. 保険証券、保険証書
  13. 一部保険会社のみ、受取人の免許証や保険証等のコピー


これら必要書類の収集・作成から、保険会社への申請まですべて当センターが代行いたします。

保険証書がなく、どこの保険会社に契約があるかわからなくても手続いたします

どこの保険会社に契約があるかわからず、何も資料がない状態でも手続をいたします。

当センターでは保険会社に調査のうえで契約を確認することもできますので、ご安心ください。

独身の叔父や叔母が亡くなったケースでは、どんな契約があるのかわからないことがほとんどです。
当センターで保険契約を調査・確認のうえ、すべて漏れなく手続いたします。
相続人が誰でどこにいるかもわからない状態からでも、ほとんどは相続手続が可能です。
遠縁の相続人どうしの手続では、当センターが最終的な各自の相続分の振り込みまですべて代行いたします。

Q.どこまでやってもらえるのですか?

A.手続書類にお名前・押印をいただく以外すべて代行いたします

ご依頼人は当センターで準備した書類にご署名・実印のみご記入ください。
その他、保険会社への手続に必要な書類の準備・作成・提出は当センターですべて代行いたします。
あとは相続手続の完了・保険金が振り込まれるのをお待ちいただくだけで大丈夫です。

Q.戸籍謄本や死亡診断書、入院証明書の取得もお願いできますか?

A.当然代行いたします。お任せください。

保険の手続はもっとも身近で重要な死後の手続の一つです。故人の遺したお金を扱うからこそ、
実績と経験のある当センターにすべてお任せください。

相続・遺言書 無料相談受付中 【出張相談無料 (日・夜もOK)

相続や遺言書作成について少しでも不安なことがありましたら
「栃木相続手続センター」までお気軽にお問い合わせください。

私たちが、あなたの疑問や不安点を解消し、
それぞれ個別に遺産相続の手順・解決策を提示いたします。

フリーダイヤル:0120-266-997

【受付時間】 月~土曜、朝8:00~夜9:00

相続コンサルタント 行政書士 細野大樹

メールでのお問い合わせはこちら

【受付時間】24時間受付中

無料相談会開催中

相続手続トータルサポート

特別相続サポート

遺言書作成サポート
無料相談 ご予約受付中!

初心者向けコンテンツ

事務所案内

事務所案内

出張エリア

関東出張エリア

栃木県、小山市、下野市、栃木市、佐野市、
真岡市、足利市、野木町、壬生町、益子町、
上三川町、芳賀町、茂木町、市貝町、
高根沢町、宇都宮市、鹿沼市、那須烏山市、
さくら市、日光市、那須塩原市、茨城県、
結城市、筑西市、古河市、下妻市、群馬県、
埼玉県、千葉県

ブログ

リンク

ページトップへ