土地・建物の相続手続サポート

ご署名・押印以外、不動産の相続手続をすべて代行いたします


不動産の相続は、遺産分割協議書と呼ばれる相続人間の契約書のような書類を作成して、
故人の出生から死亡までの戸籍謄本、各相続人の戸籍謄本、印鑑証明書等とともに、
法務局に申請を出して行います。

 

これら必要書類の収集・作成など面倒な手続きをすべて当センターにて代行いたします。
ご依頼人は当センターで用意した書類にご署名・押印いただくだけで、他は何のご負担もありません。

 

また栃木県では祖父や祖母の代から土地の名義変更をしていないケースも多くあります。
当センターの処理実績は、相続人が約50人いたケースが最大です。
建物では、そもそも未登記で相続手続ができない古い旧家の相続なども対応可能です。

 

そのほか、田んぼや畑などの農地は、農地法により相続後の新所有者に届出が義務づけられており、
これを怠ると罰金を課せられます。このような面倒な手続も専門の行政書士が代行いたします。

 

相続後の土地の売却、空き家の解体、遺品整理など、不動産には多くの問題も発生します。
売却する場合は、その際に課税される譲渡所得税も計算に入れなければなりません。

 

当センターでは税理士のほか、宅建業者、建物解体業者、遺品整理業者と必要に応じて連携して、
どのような不動産相続も責任をもってすべてサポートいたします。

不動産とともに、預金などの必要な相続手続もすべて代行いたします

遺産相続手続の流れ


不動産に限らず、銀行預金やその他の手続も流れはすべて同じです

(ただし遺産調査は必要がない場合は省略してもかまいません)
そのためすべての遺産についてまとめて進めたほうが、相続手続は簡単になります。

遺産分割協議書も、すべての遺産について誰が何を相続するか記載したものを一つ作成して、
そこに相続人全員の署名・実印を押せば、各遺産の名義変更では各自の署名・実印は省略できます。

また戸籍謄本や印鑑証明書も各手続きに使い回しができるため、何通も取る必要はありません。
当センターでは遺産分割協議書・必要書類を1セット用意して、まとめて各遺産の名義変更を処理します。

各遺産の面倒な名義変更は、すべてまとめて当センターが代行いたします。

相続に必要な書類の収集・作成もすべてお任せ下さい

不動産の相続手続には以下の書類が必要になります。

これらの必要書類の収集・準備、遺産分割協議書・相続関係説明図の作成も
すべて行政書士が代行いたします。

  1. 被相続人(不動産の所有者)の出生から死亡までの連続した戸籍謄本
  2. 被相続人の住民票の除票または戸籍の附票
  3. 相続人全員の現在の戸籍謄本
  4. 本来相続人となる者で死亡者がいれば、その出生から死亡までの連続した戸籍謄本
  5. 集めた戸籍謄本より作成した相続関係説明図(家系図のようなもの)
  6. 相続人全員の署名・押印がそろった遺産分割協議書、遺産分割協議証明書など
  7. 相続人全員の印鑑証明書(発行から3ヶ月を過ぎていても可)
  8. 相続対象不動産の登記事項証明書(登記簿謄本)
  9. 相続対象不動産の固定資産評価証明書

遺産分割協議書があれば、預金などの手続では各相続人の署名・押印は省略することができます。
そのため不動産含めて、すべての遺産についての遺産分割協議書を作成することで、
相続手続は非常に簡略化することができます。

また通常の不動産の相続では、権利証は不要です。

農地・森林・区画整理中の土地の相続後の届出もすべて代行いたします

先ほど述べたように農地を相続した人は、管轄市町村への届出が義務づけられています。
また保護森林を相続した人も同様です。届出を怠ったものは罰金が課せられます。

このほか、区画整理中の土地を相続した人も管轄市町村への届出を行わなければなりません。

行政への申請は行政書士の専任業務であり、他の資格者は代行ができません。
これらの申請書類の作成・提出まで、当センターの行政書士がすべて代行いたします。

相続不動産の売却や処分、解体などもすべてサポートいたします

相続人が遠方にお住いの場合には、遺品の整理や空き家の維持管理・解体、売却など
相続後にもいろいろな問題に頭を悩ませなければなりません。

当センターは信頼できる遺品整理業者、宅建業者、建物解体業者と提携してこれらの問題にも対応しています。
目指しているのは相続した不動産のトータルサポートです。何でもご相談ください。

Q.どこまでやってもらえるのですか?

A.手続書類にお名前・押印をいただく以外すべて代行いたします

故人の所有する不動産全てを市町村に確認するところから、必要な戸籍謄本・住民票の収集、
登記事項証明書・固定資産評価証明書の取得、遺産分割協議書・相続関係説明図の作成、
司法書士による法務局への登記申請、その後の農地法、森林法の届出申請、区画整理中の土地の届出申請、
あらゆる書類の準備、申請を代行いたします。ご依頼人は書類に署名・押印いただくだけで大丈夫です。

Q.そちらのセンターの料金は最安値になりますか?

A.おそらく違いますが、当センターのサービスから適正な料金だと考えています

おそらく料金だけでいえば、もっと低額で引き受けてくれる事務所もあると思います。
ただ戸籍謄本やその他の必要書類は自分で集めてきてくれと言われて依頼した意味がなかったり、
相続に付随して発生する各種届出や税金の問題、空き家の解体や土地の処分など、相続全体について
トータルで相談にのってくれる所はほとんどありません。不動産の名義変更はあくまで相続手続の
ほんの一部であり、当センターが目指しているのはトータルでの相続サポートです。

とにかく安く名義変更だけしたいという方は、最安値の事務所をお探しください。

相続・遺言書 無料相談受付中 【出張相談無料 (日・夜もOK)

相続や遺言書作成について少しでも不安なことがありましたら
「栃木相続手続センター」までお気軽にお問い合わせください。

私たちが、あなたの疑問や不安点を解消し、
それぞれ個別に遺産相続の手順・解決策を提示いたします。

フリーダイヤル:0120-266-997

【受付時間】 月~土曜、朝8:00~夜9:00

相続コンサルタント 行政書士 細野大樹

メールでのお問い合わせはこちら

【受付時間】24時間受付中

無料相談会開催中

相続手続トータルサポート

特別相続サポート

遺言書作成サポート
無料相談 ご予約受付中!

初心者向けコンテンツ

事務所案内

事務所案内

出張エリア

関東出張エリア

栃木県、小山市、下野市、栃木市、佐野市、
真岡市、足利市、野木町、壬生町、益子町、
上三川町、芳賀町、茂木町、市貝町、
高根沢町、宇都宮市、鹿沼市、那須烏山市、
さくら市、日光市、那須塩原市、茨城県、
結城市、筑西市、古河市、下妻市、群馬県、
埼玉県、千葉県

ブログ

リンク

ページトップへ