自動車の相続手続サポート

ご署名・実印以外、故人名義の普通自動車・軽自動車の相続手続をすべて代行いたします


相続が発生したとき、自動車も専門家にお願いしなければならないとご存じない方が多いようです。
しかし自動車の相続には不動産や預貯金の手続と同様、戸籍謄本や遺産分割協議書などが必要になるため、
当センターのような自動車相続の手続に精通した専門家に依頼するのがもっとも近道です。

 
普通自動車の相続は、故人(被相続人)の出生から死亡までの戸籍謄本とともに、
自動車検査証(車検証)、運輸支局の様式の遺産分割協議書、名義変更する代表相続人の印鑑証明書、
継続使用する場合は車庫証明を添えて、代表相続人の住所地を管轄する運輸支局に提出して申請します。

これに対して軽自動車の相続は、故人(被相続人)の死亡を証明する戸籍謄本と、
軽自動車検査証(車検証)、名義変更する代表相続人の住民票のみで手続することができます。
代表相続人の住所地を管轄する軽自動車検査協会の窓口に提出して申請します。
軽自動車の場合は、特定の市町村以外車庫証明は基本的に必要ありません。

 
運輸支局では、自分で手続に来たものの、書類がわからずに困っている方をよく見かけます。
栃木県は運輸支局が佐野と宇都宮にしかないため、自分でやるには何度も窓口に通わなければなりません。

当センターでは、必要書類の収集・作成から運輸支局への申請まですべて代行いたします。
ご依頼人は当センターで用意した書類にご署名・押印いただくだけで、他は何のご負担もありません。

廃車する場合でも自動車の相続手続は必要です

実は車検証・ナンバーを運輸支局に返納して廃車する場合でも相続手続は必要です。

自動車も故人の固有財産ですので、相続人の誰かに一度名義変更しないと、
中古業者に売却したり廃車処分したりすることはできないからです。

そのため申請は、遺産相続による所有権移転とナンバーの抹消を一度に行うことになります。

  
また故人名義の自動車を名義変更せずそのまま使用している方を見かけることがありますが、
相続手続をしておかないと、後になって売却も処分もできません。
自動車保険も面倒になりますし、事故のときはさらに面倒になりますので、名義変更をお勧めします。

不動産や預貯金の相続手続も、全てまとめて代行いたします

自動車の相続手続の流れ


不動産に限らず、銀行預金やその他の手続も流れはすべて同じです

(ただし遺産調査は必要がない場合は省略してもかまいません)
そのためすべての遺産についてまとめて進めたほうが、相続手続は簡単になります。

遺産分割協議書も、すべての遺産について誰が何を相続するか記載したものを一つ作成して、
そこに相続人全員の署名・実印を押せば、各遺産の名義変更では各自の署名・実印は省略できます。

また戸籍謄本や印鑑証明書も各手続きに使い回しができるため、何通も取る必要はありません。
当センターでは遺産分割協議書・必要書類を1セット用意して、まとめて各遺産の名義変更を処理します。

各遺産の面倒な名義変更は、すべてまとめて当センターが代行いたします。

相続手続に必要な書類の収集・作成もすべてお任せ下さい

普通自動車の相続手続には以下の書類が必要になります。

  1. 被相続人(車検証の所有者)の出生から死亡までの連続した戸籍謄本
  2. 本来相続人となる者で死亡者がいれば、その出生から死亡までの連続した戸籍謄本
  3. 相続人全員の記名・押印がそろった遺産分割協議書、又は遺産分割協議成立申立書
  4. 代表相続人の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの、他の相続人の印鑑証明は不要)
  5. 自動車検査証(車検証)
  6. 自動車取得税・自動車税の申告書(行政書士が作成します)
  7. 自動車保管場所証明書(被相続人と住所の異なる代表相続人が継続して使用する場合のみ)
  8. 普通自動車登録用OCRシート(継続使用する場合と抹消する場合で様式が異なる)


また軽自動車の相続手続には以下の書類が必要になります。

  1. 被相続人(車検証の所有者)の死亡の記載のある戸籍謄本
  2. 代表相続人の戸籍謄本、住民票(発行から3ヶ月以内のもの)
  3. 軽自動車検査証(車検証)
  4. 自動車取得税・自動車税の申告書(行政書士が作成します)
  5. 自動車保管場所証明書(必要な市町村のみ)
  6. 軽自動車登録用OCRシート(継続使用する場合と抹消する場合で様式が異なる)


これら必要書類の収集・作成から、運輸支局への申請まですべて当センターが代行いたします。

ローン会社の所有権がついた自動車の相続手続もすべて代行いたします

自動車を購入したときに自動車ローンを組んでいる場合は、その自動車にはローン会社の所有権がついており、
相続人でも自由に名義変更ができません。

 

この場合はローン会社と連絡を取り、返済が終わっているか一括で返済ができる場合は所有権解除の手続を、
返済が終わっておらず、一括で返済できない場合は自動車の使用者変更の手続を取ります。

当センターの行政書士は自動車相続の専門家です。ローンがある場合もすべてお任せください。

自動車を代表相続人のご自宅に置いたまま、ナンバーの交換まで代行します

普通自動車を継続使用する場合で、被相続人と代表相続人の住所地を管轄する運輸支局が異なる場合は、
自動車の相続手続と同時にナンバーの変更が必要になります。

 

この場合、一般的には普通自動車を運輸支局に持ち込んで、ナンバー及び封印の取り付けを行います。

しかし当センターの行政書士は、相続手続でのナンバー交換及び封印取付の資格を有していますから、
自動車を置いたままで、車検証とナンバーのみを預かって相続手続を行うことができます。

ナンバーの交換・封印の取り付けは行政書士が行い、旧ナンバーは行政書士が運輸支局に返還いたします。
お仕事などで時間が取れない方、車を預けたくない方も大丈夫です。当センターにお任せください。

廃車する場合は解体業者、買取業者も紹介いたします

廃車する場合でも、廃車には解体業者から1~2万円の査定がつくことがあります。
ご希望があれば提携の解体業者に引き取りを手配いたしますし、買取業者の査定依頼も代行いたします。

継続使用から廃車処分まで、自動車の相続手続はすべてお任せください。

Q.どこまでやってもらえるのですか?

A.手続書類に押印をいただく以外すべて代行いたします

名義変更に必要な戸籍謄本・住民票の収集から、遺産分割協議書・遺産分割協議成立申立書の作成、
警察署への車庫証明申請、管轄運輸支局への登録申請、ナンバーの交換手続まで、
あらゆる書類の準備、申請を代行いたします。ご依頼人は書類に署名・押印いただくだけで大丈夫です。

Q.自動車屋さんにお願いした方がいいと思っていました。違うのですか?

A.自動車屋さんでは戸籍謄本など必要書類が収集できません。費用もたぶん高額です。

相続手続に必要になる戸籍謄本などは、行政書士などの国家資格者以外は親族以外取得できません。
そのため戸籍謄本は自分で集めてきてくれと言われて費用を払って依頼した意味がなかったり、
その後、自動車屋さんも申請を行政書士に依頼することが多いため、その分が加算されて高額な費用になります。
直接当センターに依頼いただければ、よけいな費用を加算されずにそれだけ安く名義変更が可能です。

相続・遺言書 無料相談受付中 【出張相談無料 (日・夜もOK)

相続や遺言書作成について少しでも不安なことがありましたら
「栃木相続手続センター」までお気軽にお問い合わせください。

私たちが、あなたの疑問や不安点を解消し、
それぞれ個別に遺産相続の手順・解決策を提示いたします。

フリーダイヤル:0120-266-997

【受付時間】 月~土曜、朝8:00~夜9:00

相続コンサルタント 行政書士 細野大樹

メールでのお問い合わせはこちら

【受付時間】24時間受付中

無料相談会開催中

相続手続トータルサポート

特別相続サポート

遺言書作成サポート
無料相談 ご予約受付中!

初心者向けコンテンツ

事務所案内

事務所案内

出張エリア

関東出張エリア

栃木県、小山市、下野市、栃木市、佐野市、
真岡市、足利市、野木町、壬生町、益子町、
上三川町、芳賀町、茂木町、市貝町、
高根沢町、宇都宮市、鹿沼市、那須烏山市、
さくら市、日光市、那須塩原市、茨城県、
結城市、筑西市、古河市、下妻市、群馬県、
埼玉県、千葉県

ブログ

リンク

ページトップへ