土地・建物の相続サポート

土地・建物の相続手続を全て代行いたします

不動産の相続は、まず故人の出生から死亡までの戸籍謄本・相続人の戸籍謄本・住民票等を取得して、相続人の調査・確認を行い(1)相続関係説明図を作成します。

そのうえで相続人全員の合意で不動産を取得する人・取得割合を決め、(3)遺産分割協議書を作成して、戸籍謄本一式、相続人の印鑑証明書等とともに法務局に申請して行います。

(2)遺産目録は遺産が不明な場合、相続人間の話し合いに用いる場合など、必要に応じて作成します。

 

土地・建物相続の必要書類リスト
  • 被相続人の全ての戸籍謄本
  • 被相続人の戸籍の附票
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 代襲相続では中間の戸籍謄本
  • 相続関係説明図
  • 遺産分割協議書
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 不動産登記事項証明書
  • 固定資産評価証明書

これらの書類の収集・作成を含め、ご署名・押印以外のほとんど全部を代行いたします。登記のみ司法書士が、それ以外は全て行政書士が担当します。ご依頼人にお願いするのは印鑑証明書を取得することと、用意した書類にご署名・押印いただくことだけです。

以下の問題も、全てお任せ下さい。

1.不動産が不明な場合の調査も代行

栃木県内(宇都宮市、小山市を初め県内全域)に被相続人が所有していた不動産総数が不明の場合、行政書士が市町村に調査を行い、手続き漏れがないように不動産を洗い出します。

2.実印がない方の印鑑登録も代行

単身赴任、入院中など、何らかの理由で自分で手続できない方の印鑑登録も行政書士が代行します。登録するご印鑑だけはご用意下さい。

3.祖父や曽祖父の代からの相続も対応

北関東では祖父や曾祖父の代から土地の名義変更をしてないこともよくあります。このような場合も、戸籍謄本・住民票を収集してご印鑑が必要な相続人を全員探し出して、ご連絡から印鑑取得まで全てサポートします。

当センターのこれまでの解決実績は、相続人約50人です。

4.相続後の農地・森林・区画整理地の届出も代行

相続後の農地・森林の新所有者は、別に届出をしないと法律で罰金が課せられます。この申請も行政書士が代行します。区画整理中の土地も相続後の届出が必要ですが、これもお任せ下さい。

農地(田・畑)
農業委員会
森林
市町村長
区画整理中の土地
都市計画課等

5.空き家処分・遺品整理・お墓じまいも対応

当センターは行政書士・税理士を中心として、宅建業者、解体業者、遺品整理業者、各宗派の寺院とも連携しております。空き家の売却、遺品整理、お墓じまいなどの相続後の問題も全てお任せ下さい。

よくある質問

手続きが終了するまで期間はどのくらいかかりますか?
ご両親からの相続で標準的な処理期間でいうと1~3ヶ月程度です。
そちらの料金は最安値になりますか?
標準的な料金だと思います。もしかしたらもう少し低額の事務所もあるかもしれません。ただ事務所によっては、必要書類は全部自分で集めなければならなかったとか、わざわざ頼んだ意味がなかったという話も聞きます。

また当事務所は名義変更だけでなく、相続後に必要な農地法の届出や、空家の売却相談、節税対策などまでトータルで対応しているのが誇りです。ただできるだけ安く名義変更をしたいという方は、最安値の事務所をお探し下さい。

権利証が見つかりません。どうしたらいいですか?
権利証は一般的な相続手続きには必要ありません。なくても大丈夫です。
不動産を売却する予定ですが、わざわざ相続する意味がありますか?
売却するためには相続人に名義変更しなければなりません。故人名義では売買ができないので、相続手続きは必要です。
不動産の売却の相談にも乗ってくれますか?
不動産業の免許もありますので、買主を探して空家の売買仲介も可能です。お任せ下さい。

その他の相続サポート

解決事例
ご相談者の声
相続の豆知識
遺言作成
PAGE TOP