相続放棄の盲点

最近の不況のせいか、相続放棄についてのお問い合わせをいただくことが多くなりました。

相続放棄とは、相続人がその相続の権利一切を放棄してしまう手続です。

特に亡くなられた方が財産よりも借金を多く残して亡くなった場合には、この手続を3ヶ月以内に家庭裁判所にて行わないと、相続人は全員でその借金全額を肩代わりすることになります。

この手続一つで下手すれば数千万、数億といった借金を返済するかどうかが変わるのですから、相続人にとってはまさに人生を左右する手続と言っても過言ではありません。

 

ただ相続放棄を考えておられる方がよく見落としがちなのが、「自分が相続放棄をしたらその借金は誰が相続するのか」という点です。

相続権には法律上、第1から第3順位と呼ばれる順列があります。第1順位が亡くなった人の配偶者と子供、孫。第2順位が亡くなった人の両親。第3順位が亡くなった人の兄弟です。法律上、第1順位がいなければ第2順位。第2順位がいなければ第3順位に相続権が発生します。

ここで重要なのが、相続放棄の手続をとると、その相続人は法律上「いない」ものとみなされるとい う点です。つまり借金を残して亡くなった方の配偶者の方、お子さんが相続放棄をすると、その借金は亡くなった方のご両親が相続することになるのです。そし てそのご両親がさらに相続放棄をするなら、何もしなければご兄弟が借金を相続してしまうことになります!

 

ですから、旦那さんが借金を残して亡くなられたような場合で、奥さんが相続放棄の手続をとるなら、義理の両親や義理の兄弟にまで相続放棄をさせなければ大変なことになってしまうわけです。

何もしなければ3ヶ月後には自動的に相続を承認したことになるのが法律ですから、他の身内に借金があったことや相続放棄をしたことを伝えなければ、他の身内が借金を相続することになります。この場合、大変なことになります。

相続放棄ができる期間は、亡くなられてからたった3ヶ月しかありません。その間にご自分の家族、義理のご両親、ご兄弟の相続放棄の手続をすべて済ませなければならないと覚えておいて下さい。この期間に必要書類を集めて相続放棄をかけると考えると、実はとても短いですよね。

 

相続放棄についてお悩みの方は、お気軽に栃木相続手続センターにご相談下さい。


相続・遺言書 無料相談受付中 【出張相談無料 (日・夜もOK)

相続や遺言書作成について少しでも不安なことがありましたら
「栃木相続手続センター」までお気軽にお問い合わせください。

私たちが、あなたの疑問や不安点を解消し、
それぞれ個別に遺産相続の手順・解決策を提示いたします。

フリーダイヤル:0120-266-997

【受付時間】 月~土曜、朝8:00~夜9:00

相続コンサルタント 行政書士 細野大樹

メールでのお問い合わせはこちら

【受付時間】24時間受付中

無料相談会開催中

相続手続トータルサポート

特別相続サポート

遺言書作成サポート
無料相談 ご予約受付中!

初心者向けコンテンツ

事務所案内

事務所案内

出張エリア

関東出張エリア

栃木県、小山市、下野市、栃木市、佐野市、
真岡市、足利市、野木町、壬生町、益子町、
上三川町、芳賀町、茂木町、市貝町、
高根沢町、宇都宮市、鹿沼市、那須烏山市、
さくら市、日光市、那須塩原市、茨城県、
結城市、筑西市、古河市、下妻市、群馬県、
埼玉県、千葉県

ブログ

リンク

便利屋とちぎ
ページトップへ

閉じる