日本で亡くなった外国国籍の方の相続

日本で外国人の方が亡くなられた場合、
もっとも問題なのは日本の法律で相続手続が行えないということです。

実は「法の適用に関する通則法」という法律により、
相続などの法手続はその人が所属する国家の法律に従うこととされています。
そのため外国人の方が何十年日本に住んだのち亡くなっても、
永住資格を取得していても、国籍を有する国の法律で相続手続を行わなければならないのです。

海外で亡くなった日本国籍の方の相続

逆にこの場合には日本の民法が適用されます。
そのため被相続人が海外で国際結婚していて、相続人が外国人である場合でも、
日本の法律にしたがい相続手続を行うことになります。
詳しくは当センターまでお問い合わせ下さい。

日本で亡くなった外国人の方の相続

これがもっとも困難です。
仮にその方が永住資格等を取得していた方であっても、その国籍のあった国の法律を調べ、
外国の法律に従い相続手続を進めなければなりません
これは一般の方には不可能に近い問題です。

当センターでは海外の法律事務所と連携して、このような場合の相続手続に取り組んでいます。


詳しくは相続専門の当センターにお問い合わせ下さい。

相続・遺言書 無料相談受付中 【出張相談無料 (日・夜もOK)

相続や遺言書作成について少しでも不安なことがありましたら
「栃木相続手続センター」までお気軽にお問い合わせください。

私たちが、あなたの疑問や不安点を解消し、
それぞれ個別に遺産相続の手順・解決策を提示いたします。

フリーダイヤル:0120-266-997

【受付時間】 月~土曜、朝8:00~夜9:00

相続コンサルタント 行政書士 細野大樹

メールでのお問い合わせはこちら

【受付時間】24時間受付中

無料相談会開催中

相続手続トータルサポート

特別相続サポート

遺言書作成サポート
無料相談 ご予約受付中!

初心者向けコンテンツ

事務所案内

事務所案内

出張エリア

関東出張エリア

栃木県、小山市、下野市、栃木市、佐野市、
真岡市、足利市、野木町、壬生町、益子町、
上三川町、芳賀町、茂木町、市貝町、
高根沢町、宇都宮市、鹿沼市、那須烏山市、
さくら市、日光市、那須塩原市、茨城県、
結城市、筑西市、古河市、下妻市、群馬県、
埼玉県、千葉県

ブログ

リンク

便利屋とちぎ
ページトップへ

閉じる