遺産分割協議書とは?

 遺産分割協議書とは、いわば相続人間の契約書のようなもので、法定相続人間で決まった遺産分割内容をまとめた法的書面を言います。この協議書は相続放棄者を除く相続人全員が署名押印することで効力を生じます。

 そのため不動産や預貯金などの名義変更にはこの遺産分割協議書が必要になります。

遺産分割協議書の記載項目

1.被相続人の名前・本籍・住所・死亡日

 まず遺産分割協議書には被相続人の名前、本籍、住所、死亡日を明記します。
被相続人の名前、死亡日等がきちんと明記されていない遺産分割協議書は無効になります。

2.各遺産の内容

 原則として、遺産は個別にきちんと明記します。例えば土地なら登記事項証明書の記載通りに各土地の所在・地番・地目・地積を順番に明記します。建物についても同様です。

 預貯金なら各金融機関名・支店名・口座種類・口座番号を明記します

 株式や有価証券・国債、自動車、電話加入権やその他債務等の財産についても、個別に明記していきます。記載方法には専門的知識も必要です。

3.各遺産の承継人(相続人)

 各遺産についてその承継人(相続人)を記載します。その際の条件や分割方法、代償金などについても必ず明記します。

4.各相続人の署名・実印

 遺産分割協議に同意・了承した証として、各相続人は署名・実印にて押印を行います。法的には住所・名前とも印刷でも構いませんが、後のトラブル防止のために名前だけは自筆での署名にするべきです。

5.遺産分割協議の成立日

 いつ遺産分割協議が成立したのかを確定するために、相続人全員の署名・押印がそろった日付で成立日を記入します。実際は相続人全員で協議書に調印することは稀ですから、実務上は最後の相続人が署名・押印した日に日付を記入することが一般的です。

遺産分割協議書の完成後

 遺産分割協議書が完成したら、各相続人の印鑑証明書、被相続人・相続人の戸籍謄本一式、その他の必要書類を揃えて不動産や預貯金などの相続手続を行います。

 

遺産分割協議書作成は、相続の専門家にご相談下さい。

相続・遺言書 無料相談受付中 【出張相談無料 (日・夜もOK)

相続や遺言書作成について少しでも不安なことがありましたら
「栃木相続手続センター」までお気軽にお問い合わせください。

私たちが、あなたの疑問や不安点を解消し、
それぞれ個別に遺産相続の手順・解決策を提示いたします。

フリーダイヤル:0120-266-997

【受付時間】 月~土曜、朝8:00~夜9:00

相続コンサルタント 行政書士 細野大樹

メールでのお問い合わせはこちら

【受付時間】24時間受付中

無料相談会開催中

相続手続トータルサポート

特別相続サポート

遺言書作成サポート
無料相談 ご予約受付中!

初心者向けコンテンツ

事務所案内

事務所案内

出張エリア

関東出張エリア

栃木県、小山市、下野市、栃木市、佐野市、
真岡市、足利市、野木町、壬生町、益子町、
上三川町、芳賀町、茂木町、市貝町、
高根沢町、宇都宮市、鹿沼市、那須烏山市、
さくら市、日光市、那須塩原市、茨城県、
結城市、筑西市、古河市、下妻市、群馬県、
埼玉県、千葉県

ブログ

リンク

便利屋とちぎ
ページトップへ

閉じる