自筆証書遺言を書き直したいとき

一度遺言書を書いても、その後の長い年月の間にはいろいろなことがあるものです。
そのために遺言書を書き直したいと思ったとき、自筆証書遺言は簡単に書き直すことができます

新しい遺言書を作る場合は、
もう一度自筆証書遺言にしても、あるいは今度は公正証書遺言にしてもかまいません。
またどの遺言書が一番新しいかは遺言書の日付で確認できますので、
古い遺言書は残しておいても、破棄してもかまいません。
ただ紛らわしくなるので、できれば破棄してしまったほうがいいでしょう。

つまり自筆証書遺言については、遺言をした人は好きなときに書き直しができるということです。

公正証書遺言を書き直したいとき

これに対して公正証書遺言を書き直すときは、遺言書の写しが公証役場に保管されているため、
手元にある古い遺言書を破棄しても意味がありません。
改めて正式な遺言書を作成しておくことが必要です。

遺言書は、日付の一番新しいものが有効なものと認められますので、
日付をきちんと入れて他の作成ルールを守った新しい遺言書を作れば、自動的に古い公正証書遺言は失効します。

また公正証書遺言を書き直すとき、もう一度公正証書遺言にする必要は必ずしもありません。
自筆証書遺言を作れば、古い公正証書遺言は失効します。
もっとも、もう一度公正証書遺言を作ったほうが、遺族が間違えずにすみますし、
少しの修正でしたら以前の公正証書遺言を修正するという形で遺言の書き直しができます。
詳しくは遺言を作成した公証役場に問い合わせてみるのがいいでしょう。

秘密証書遺言を書き直したいとき

この場合も書き直すときには、自筆証書遺言で書き直してもかまいませんが、
死後の混乱を避けるために秘密証書遺言か公正証書遺言として作り直し、
古い遺言書をはっきり失効させておくほうがいいでしょう。


遺言書作成は、当センターの専門行政書士にご相談下さい。

相続・遺言書 無料相談受付中 【出張相談無料 (日・夜もOK)

相続や遺言書作成について少しでも不安なことがありましたら
「栃木相続手続センター」までお気軽にお問い合わせください。

私たちが、あなたの疑問や不安点を解消し、
それぞれ個別に遺産相続の手順・解決策を提示いたします。

フリーダイヤル:0120-266-997

【受付時間】 月~土曜、朝8:00~夜9:00

相続コンサルタント 行政書士 細野大樹

メールでのお問い合わせはこちら

【受付時間】24時間受付中

無料相談会開催中

相続手続トータルサポート

特別相続サポート

遺言書作成サポート
無料相談 ご予約受付中!

初心者向けコンテンツ

事務所案内

事務所案内

出張エリア

関東出張エリア

栃木県、小山市、下野市、栃木市、佐野市、
真岡市、足利市、野木町、壬生町、益子町、
上三川町、芳賀町、茂木町、市貝町、
高根沢町、宇都宮市、鹿沼市、那須烏山市、
さくら市、日光市、那須塩原市、茨城県、
結城市、筑西市、古河市、下妻市、群馬県、
埼玉県、千葉県

ブログ

リンク

便利屋とちぎ
ページトップへ

閉じる