墓地使用権の相続サポート

墓地使用権とは

墓地使用権とは、長期間に渡り墓地の一定区画を使用して、墓石などを設置して、その区画内に遺骨の埋葬を行う権利です。墓地の永代使用権ともよばれます。

一般的によく墓地を買ったと言いますが、法律上は墓地の所有権を買うことはできません。あくまで所有権はお寺や公営墓地などの墓地管理者にあり、墓地の使用権を買ったことになります。

この墓地使用権は、不動産などと同様に相続による名義変更が必要です。

 

墓地利用権の相続手続もお任せ下さい

墓地利用権に限らず、一般的な相続ではまず故人の出生から死亡までの戸籍謄本・相続人の戸籍謄本・住民票等を取得して、相続人の調査・確認を行い(1)相続関係説明図を作成します。

そのうえで相続人全員の合意で墓地の承継人を決め、(3)遺産分割協議書を作成します。その後戸籍謄本、相続人の印鑑証明書などを添付して、墓地管理者に申請書を提出して行います。公営であれば市町村など、私営であれば運営企業が申請先になります。

(2)遺産目録は遺産が不明な場合、相続人間の話し合いに用いる場合など、必要に応じて作成します。

 

その他の遺産の相続手続サポート

 

墓地使用権の相続は墓地管理者に対して行います

墓地には大別して公営墓地、私営墓地、みなし墓地があります。公営墓地・私営墓地には通常墓地管理者がいますので、相続手続はこの管理者に対して行います。みなし墓地とはよく田舎の集落内にあるような宗教施設に隣接していない墓地をいいますが、通常みなし墓地の多くは墓地管理者がいないため、墓地使用権の名義変更は必要ありません。

墓地使用権の名義変更には一般的に「墓地使用権承継承認書」などの書類が必要です。公営墓地でも市営墓地でもそれぞれ承継のためにこのような書類がありますので、これに必要事項を記入し、戸籍謄本などの必要書類とともに墓地管理者に提出して行います。

ご自身でできない方は、相続専門の行政書士が戸籍謄本の収集から書類の作成、墓地管理者への申請まで全て代行いたします。

墓地使用権の相続の必要書類リスト
  • 被相続人の戸籍謄本
  • 代襲相続では中間の戸籍謄本
  • 承継人の戸籍謄本
  • 遺産分割協議書
  • 承継人の印鑑証明書
  • 墓地使用権承継承認書

これらの書類の収集・作成を含め、ご署名・押印以外の全てを代行いたします。

ご自分で手続しようとすると大変です。どうか肩の荷を下ろして、当センターに全てお任せ下さい。

 

墓地使用権の相続サポート料金

他の相続手続に付随して墓地使用権の相続を行うときのご相続プランです。

電話加入権相続サポート 報酬額
書類作成・墓地管理者への申請一式 20,000(税別)

以下の問題もお任せ下さい

1.お墓じまい、永代供養、改葬にも対応

近年非常にお墓じまい、永代供養が増えており、2017年で約97,000件のお墓じまいがあったと言われています。当センターではお墓じまい、永代供養をご希望の場合は、永代供養を行っている寺院などを無料でご紹介のうえ、改葬許可手続きを代行いたします。

現在の住所のお近くの墓地にお墓を引越しされる場合も同様に改葬許可の手続きが必要です。これもお任せ下さい。

 

よくある質問

墓地使用権の相続手続は必ず必要なのですか?
最近では墓地使用権の名義変更をしない方が増えており、管理者側が非常に困っている現状があります。そのため何年も放置しておくと、墓石を撤去されて更地にする管理者も増えています。知らぬ間にお墓がなくなってしまったなどのトラブルが考えられますので、きちんと墓地使用権の名義変更は行っておくべきです。
お墓じまいを考えているのですが、それでも名義変更は必要ですか?
これまでの墓地使用者が亡くなったため、お墓じまいをするということなら、まず墓地管理者にそのことを伝えて今後についてご相談するべきです。お墓じまいをする場合は、墓石を撤去して墓地使用権を墓地管理者に返却する手続が必要になります。

その他の相続サポート

解決事例
ご相談者の声
相続の豆知識
遺言作成
PAGE TOP