銀行預金の相続サポート

銀行預金の相続手続を全て代行いたします

預貯金の相続は、まず故人の出生から死亡までの戸籍謄本・相続人の戸籍謄本・住民票等を取得して、相続人の調査・確認を行い(1)相続関係説明図を作成します。

そのうえで相続人全員の合意で預貯金の分配額・割合などを決め、(3)遺産分割協議書を作成して、戸籍謄本一式、相続人の印鑑証明書などを、各銀行所定の相続依頼書とともに支店窓口や相続部門宛に提出して行います。

(2)遺産目録は遺産が不明な場合、相続人間の話し合いに用いる場合など、必要に応じて作成します。

 

預貯金の相続は実は不動産より面倒です。最低2~5回は銀行に足を運ばなければなりません。

お仕事がある方では本当に大変です。ご自身でできない方には、相続専門の行政書士が戸籍謄本の収集から書類の作成、各銀行への申請まで全て代行いたします。

その後約2週間~2ヶ月でご指定の口座に解約金が入金されます。

複数の相続人で分配する場合は、各自の立替金や当センターのご費用を先に差し引いて、各自の相続分を計算した計算書を作成して、振込分配まで代行します。

預貯金相続の必要書類リスト
  • 被相続人の全ての戸籍謄本
  • 被相続人の戸籍の附票
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 代襲相続では中間の戸籍謄本
  • 相続関係説明図
  • 遺産分割協議書書
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 各銀行所定の相続依頼書
  • 預金通帳・キャッシュカード
  • その他各銀行が要求する書類

これらの書類の収集・作成を含め、ご署名・押印以外の全てを代行いたします。各銀行所定の相続依頼書は、栃木県内の主な銀行の書式を普段から事務所に揃えています。

ご依頼人にお願いすることは印鑑証明書を取得していただくことと、用意した書類にご署名・押印いただくことだけです。

以下の問題も、全てお任せ下さい。

1.預金先が不明な場合は調査を代行

通帳が見つからず、どの銀行に口座があるかがわからない場合も大丈夫です。ご希望に応じて先に各銀行に調査を行います。調査にて全ての銀行口座を明らかにすることができます。

2.国債・株式・投資信託の手続も同時に引受

銀行や信託銀行で国債や株、投資信託を所有している場合は、預貯金の相続手続きと同時にそれらの有価証券の手続きもお引き受けいたします。売却するか、名義変更するかも選ぶことができます。

3.出資証券の名義変更にも対応

信用金庫や農業協同組合では、口座開設の時に出資金を出す制度があります。この出資金は有価証券として相続手続きが可能です。この手続きもお任せ下さい。

4.ご署名・押印の数を簡略化

通常、各相続人は銀行の数だけ手続書類にご署名・押印しなければなりません。これを専門知識を生かしてご署名・押印する書類が1枚で済むように書類を作成して、手続を簡略化します。

海外在住の相続人がいる場合も、サイン証明を行う書類は1枚に省略いたします。

5.複数の相続人への分配まで代行

複数の相続人で遺産を分配する場合は、預貯金の解約後に各相続人の立替金を清算し、遺産分割協議書に基づいて分配計算書を作成し、振込まで代行します。
また当センターの費用・経費等は、公平にご負担いただくため分配前の遺産から差し引きます。

当センターでは紛争防止のため、きちんと遺産分割協議書を作成してから手続きすることをお勧めしています。

!遺産分割協議書を作成しないと…

預貯金の相続の際、遺産分割協議書は必須ではありません。

ただ遺産分割協議書を作成しないと、法律的には何も決まっていないのに、相続人代表者が一括して解約金を受け取ることになります。そのため解約後に代表者がいくら受け取ったかわからない、お金が分配されないなど、代表者が受け取った解約金をめぐり相続人間で争いになることがあります。

!キャッシュカードでの引出…

名義人の生前・死後に正式な相続手続を取らずにキャッシュカードで預貯金を下ろす方がおられます。しかし遺産分割協議書がなく他の相続人の承諾もないと、これが原因で相続人間のトラブルになることがあります。

よくある質問

手続きが終了するまで期間はどのくらいかかりますか?
ご両親からの相続で標準的な処理期間でいうと1~3ヶ月程度です。
通帳、銀行印が見つかりません。どうしたらいいですか?
通帳や銀行印、キャッシュカードは相続手続きには必要ありません。大丈夫です。
栃木県以外の金融機関もお願いできますか?
郵送で手続しますので、通常料金でお引き受けいたします。

預貯金の相続手続きに慣れていない事務所は出張料を別に請求したりするようですが、当センターではこれまで栃木県外含め百件以上の金融機関の相続手続を行ってきました。

預金の解約はもっとも身近で重要な相続手続です。
故人の遺した大事なお金を扱うからこそ、実績と経験のある当センターにお任せください。

海外口座の相続手続きも一緒にお願いできますか?
海外の協力事務所にて対応が可能かもしれません。お問い合わせ下さい。

その他の相続サポート

解決事例
ご相談者の声
相続の豆知識
遺言作成
PAGE TOP