ゴルフ会員権の相続サポート

ゴルフ会員権とは

ゴルフ会員権とは、会員制のゴルフ場の利用権です。額面記載の紙の株式になっている場合と、保証金(預託金)形式になっている場合があります。

ゴルフ会員権を取得することで、ビジター(非会員)に比べて格安でそのゴルフ場でプレーすることができる他、そのクラブ内で行われる競技会(コンペ)に参加することができるようになります。ただ、持っているだけで毎年数万円単位の年会費がかかるため、ゴルフをプレーしない人には何のメリットもありません。

ゴルフ会員権は専門のマーケットがあり、代理店によって取引されています。額面金額ではなく株式のように時価で売買されているため、価値は常に増減しています。ただ現在では、ごく一部の有名ゴルフ場、人気ゴルフ場以外の会員権は価値が低下して、二束三文で取引されているのが現状です。

 

ゴルフ会員権の相続手続もお任せ下さい

ゴルフ会員権を含む一般的な相続では、まず故人の出生から死亡までの戸籍謄本・相続人の戸籍謄本・住民票等を取得して、相続人の調査・確認を行い(1)相続関係説明図を作成します。

そのうえで相続人全員の合意でゴルフ会員権の承継人を決め、(3)遺産分割協議書を作成します。その後戸籍謄本、相続人の印鑑証明書などを添付して、新潟県にあるNTT電話加入権センターに届出書を提出して行います。

(2)遺産目録は遺産が不明な場合、相続人間の話し合いに用いる場合など、必要に応じて作成します。

 

その他の遺産の相続手続サポート

 

ゴルフ会員権の相続はゴルフ場に連絡を取って進めます。

ゴルフ会員権の相続を一般の方が行う場合は、まず会員権を有するゴルフ場またはゴルフ場経営会社に連絡を取る必要があります。そのうえで手続書類を受け取り、書類を作成・記入して申請を行います。このとき所定の名義書換料がかかります。

お仕事等が忙しくご自身でできない方は、相続専門の行政書士が戸籍謄本の収集から書類の作成、申請まで全て代行いたします。

ゴルフ会員権相続の必要書類リスト
  • 被相続人の戸籍謄本
  • 代襲相続では中間の戸籍謄本
  • 相続人の戸籍謄本
  • 相続関係説明図
  • 遺産分割協議書
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • ゴルフ場所定の届出書

これらの書類の収集・作成を含め、ご署名・押印以外の全てを代行いたします。ゴルフ会員権の相続はご自分で手続しようとすると本当に大変です。どうか肩の荷を下ろして、当センターに全てお任せ下さい。

 

ゴルフ会員権の相続サポート料金

他の相続手続に附帯してゴルフ会員権の相続を行うときのご相続プランです。

ゴルフ会員権相続サポート 報酬額
書類作成・ゴルフ場運営企業への申請一式 30,000(税別)

以下の問題もお任せ下さい

1.売却前提の名義変更にも対応

近年、ゴルフ会員権は価値が下がり、ほとんどの場合売却も困難です。全く処分ができず、毎年の年会費、名義変更手数料を損するケースもあります。そのため当センターではまずゴルフ会員権が売却できるかどうかを判断したうえで名義変更に対応します。

売却できそうにない場合は、会員権の停止やゴルフ場に無料で引き取ってもらうことも可能です。これらの手続きも当センターで代行いたします。

2.全国のゴルフ場の名義変更に対応

手続は全て郵送で行うため、例えば日本全国のゴルフ会員権の名義変更に対応可能です。お任せ下さい。

 

よくある質問

買った時は1000万円以上したようですが、今では二束三文ですか?
ゴルフ会員権の価値は市場の需要と供給で決まります。ゴルフ人口の減少と長い不況でゴルフ会員権を欲しいと思う人が減ったため、ゴルフ会員権の価値は大暴落しています。ほとんどの場合、ゴルフ場に保証金の払い戻しを要求することもできません。ゴルフ場にそれだけの資金がないからです。ただ例外的に数百万円以上の価値を維持しているゴルフ会員権もあります。
運営企業に払う名義変更手数料はどのくらいかかりますか?
ゴルフ場の運営企業の規定により異なりますが、数万円程度がほとんどです。
ただ同然みたいなので何もせず放置しようと思いますが、問題はありますか?
ゴルフ会員権は持っているだけで年会費がかかります。何もせずに放置するとこの年会費がかさみ相続人宛に請求が来ますので、せめて会員権停止の手続はしておいた方が賢明です。

その他の相続サポート

解決事例
ご相談者の声
相続の豆知識
遺言作成
PAGE TOP